会社の破産・清算手続の事例・相談ナビ

会社の破産(倒産)、清算に関する問題や疑問を大阪・京都・神戸の弁護士が一緒に考えます。

初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)初回1時間相談無料 フリーダイヤル0120-7867-30(なやむな みお)

  1. 破産・清算を決断できない方へ
  2. 破産・清算を決断した方へ
  3. 今後の生活が不安な方へ

簡単ガイド

  1. HOME
  2. 今後の生活が不安な方へ

過払い金返還請求をまだお迷いの方へ

過払い金簡易計算

今後の生活が不安な方へ

手続きを進めると同時に、「第二の人生」について考えましょう。

前向きな気持で、再出発の準備を

一般的に、会社の破産・清算手続きを進めるのと同時に、経営者様個人の債務整理を進めていくことになります。手続きが無事に終わるまでは色々と心配かもしれませんが、弁護士に依頼すれば、よほどのことがない限り手続きはスムーズに終了します。
手続き終了までの間(概ね1年間)を利用して、第二の人生をいかにして送っていくかについて、しっかりとプランを練っておくようにしましょう。会社の破産・清算や、債務整理をしたからといって、全てが台無しになるわけでは決してありません。これまでに培ってきた経験、築いてきた人脈を活かして、前向きに新しい一歩を踏み出していきましょう。

新たな人生をスタートさせるために、
生活設計を立てることから始めましょう。

会社の破産・清算をした後は、これまでとは生活が大きく変わることが予想されますので、まずは生活設計を立てることが必要になります。見込める収入と、最低限必要な支出をできるだけ細かく計算したうえで、今後の生活がどのようになるのかを把握し、その対策を練っておきましょう。手元に残った財産がある場合は、それらをどのように活用するのか、新たに就職をする必要がある場合は、どのような仕事に就けるのかといったことも、ご家族と相談しながら見通しを立てておきましょう。手続きは弁護士に任せておけば大丈夫ですので、ご自身の今後の生活のために、できるだけ早く準備を始めることが大切です。

これまでの経験や人脈などのほか、
趣味などを見つめ直すことも必要です。

会社の経営から退いて、別の会社に就職する。技術やアイデア、人脈などを活かして、新たに事業を立ち上げる。いずれの場合にしても、これまでの経験や人脈のほか、ご自身の強みや技術、資格などの棚卸しをすることも必要です。経営者としての経験、資格や技術が求められる場面、活かせる場所は多々あるはずですので、破産・清算をしたからといって後ろ向きになることなく、前向きにチャレンジを続けるほうが良いでしょう。仕事のことだけでなく、趣味を充実させたり、家族との時間を大切にするといった別の目標を見つけることが、第二の人生をよりゆたかにするきっかけになることもあります。

人生に大きな影響を及ぼす人間関係。
手続きを進めるにあたっては、誠意ある対応を。

破産・清算の手続きをすることによって、大なり小なり、取引先や従業員に何らかの迷惑をかけてしまうということは否定はできません。それでも、経営者として正しく手続きを進め、誠意のある対応・姿勢を見せることで、一度は失ってしまった人脈なども後で再構築できる可能性は十分にあります。新たな人生を送っていくなかで、色々な人との繋がりが生まれてきます。そこに、かつて築いた人間関係が絡んでくることは、少しも珍しいことではありません。手続きを進めるにあたっては、今後のためにも、従業員や取引先に対して、誠意ある対応をとることも忘れないようにしましょう。

破産・清算は、私たちにお任せください!
  • 弁護士のご紹介 みおの弁護士
  • 事務所のご案内
過払い金返還請求をまだお迷いの方へ
過払い金簡易計算

お迷いなら、まずは無料相談をお試しください

面談で
ご予約はこちらから 
電話で
0120-7867-30
チャットで
チャットを立ち上げる 
過払い金があるかどうか お調べします