会社の破産・清算手続の事例・相談ナビ

会社の破産(倒産)、清算に関する問題や疑問を大阪・京都・神戸の弁護士が一緒に考えます。

初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)初回1時間相談無料 フリーダイヤル0120-7867-30(なやむな みお)

  1. 破産・清算を決断できない方へ
  2. 破産・清算を決断した方へ
  3. 今後の生活が不安な方へ

簡単ガイド

  1. HOME
  2. 今後の生活が不安な方へ 「自己破産」

過払い金返還請求をまだお迷いの方へ

過払い金簡易計算

今後の生活が不安な方へ

経営者の借金 自己破産

会社を破産させる際、社長や役員の方も、自己破産の手続きを行うという方法があります。自己破産の申立てをして免責決定が下されると、その借金については法律上支払う義務がなくなります。

「破産」で暮らしを奪われることはない
会社と経営者が、同時に破産する場合も

会社が借金する際には、社長や役員が保証人になっている場合が多いと思います。社長が個人で会社の債務を保証していれば、当然個人的にも支払義務が生まれます。たとえ会社が倒産手続きしたとしても、保証人としての債務は消えません。そのため、会社が抱えていた多額の債務を、社長や役員個人が背負うことになってしまう場合も…。そうなれば、会社が倒産するうえ、個人的にも借金を抱えることになり大変です。会社が倒産に直面しているのですから返済できるケースはほとんどないため、通常は会社の破産手続と同時に、代表者個人も破産手続をとることになります。ご自身のケースはどうなのか、債務を見直し、弁護士に相談しましょう。

ワンポイントCheck! 同じ破産でも個人と法人では違うの?

個人の場合、破産する人は資産等がないケースがほとんど。債権者の配当金どころか破産管財人の報酬すら出ないことが多いため、裁判所から破産決定が出ると同時に破産手続が終わるのがほとんどです。一方、法人破産の場合は在庫品や売掛金が残っている可能性も高いので、破産管財人を選任し、債権債務の状況を調査。債権者に対して資産を配当する手続がとられることが多いようです。

破産・清算は、私たちにお任せください!
  • 弁護士のご紹介 みおの弁護士
  • 事務所のご案内
過払い金返還請求をまだお迷いの方へ
過払い金簡易計算

お迷いなら、まずは無料相談をお試しください

面談で
ご予約はこちらから 
電話で
0120-7867-30
チャットで
チャットを立ち上げる 
過払い金があるかどうか お調べします