会社の破産・清算手続の事例・相談ナビ

会社の破産(倒産)、清算に関する問題や疑問を大阪・京都・神戸の弁護士が一緒に考えます。

初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)初回1時間相談無料 フリーダイヤル0120-7867-30(なやむな みお)

  1. 破産・清算を決断できない方へ
  2. 破産・清算を決断した方へ
  3. 今後の生活が不安な方へ

簡単ガイド

  1. HOME
  2. 破産・清算を決断できない方へ 「破産・清算の判断基準」

過払い金返還請求をまだお迷いの方へ

過払い金簡易計算

破産・清算を決断できない方へ

基礎知識Ⅲ 破産・清算の判断基準

経営状態が悪いからといって、誰もが簡単に破産できるわけではありません。破産すれば、破産した会社はもちろん、取引先や債権者にも経済的なダメージを与えるため、会社が破産できるのは次の2つの原因の場合と決められています。

会社が破産するための条件とは?
1)支払不能の場合
「今返済するお金がない=支払不能」とはなりません。例えば、多額の借金があっても、売上げが伸びており今後返済できる見込みがある場合等は支払不能の状態とはいえないのです。とはいえ、なかなか判断が難しいので、破産法では“手形の不渡り”“夜逃げ”をするような事態が見られる場合など、支払不能に関するルールが設けられています。
2)債務超過の場合
会社の財産を処分しても、債務を完済できない状態を債務超過といいますが、債務超過を理由に破産を行うことができるのは、株式会社、有限会社、合同会社のみです。

いろいろ条件があるように思えますが、実際は毎月の返済に苦しんでいる経営状態であれば、破産原因が認められ破産手続きが可能である可能性は高いと言えるでしょう。

会社破産の原因:資金不足・債務超過
ワンポイントCheck! 倒産をする、と決めたらまずすべきことは?

やはり倒産するしかないと決意を固めたら、準備が必要です。
会社を続ける(再建)か、終わらせる(清算)かをまずは検討することから始めましょう。検討期間は1〜3ヶ月程度は見ておくと安心です。倒産手続をとるXデーがほぼ見えてきたら、倒産する旨を関係者に知らせます。家族はもちろん、保証人、会社の役員、従業員などにも知らせる必要があるでしょう。

破産・清算は、私たちにお任せください!
  • 弁護士のご紹介 みおの弁護士
  • 事務所のご案内
過払い金返還請求をまだお迷いの方へ
過払い金簡易計算

お迷いなら、まずは無料相談をお試しください

面談で
ご予約はこちらから 
電話で
0120-7867-30
チャットで
チャットを立ち上げる 
過払い金があるかどうか お調べします