会社の破産・清算手続の事例・相談ナビ

会社の破産(倒産)、清算に関する問題や疑問を大阪・京都・神戸の弁護士が一緒に考えます。

初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)初回1時間相談無料 フリーダイヤル0120-7867-30(なやむな みお)

  1. 破産・清算を決断できない方へ
  2. 破産・清算を決断した方へ
  3. 今後の生活が不安な方へ

簡単ガイド

  1. HOME
  2. 破産・清算を決断できない方へ 「倒産処理の種類」

過払い金返還請求をまだお迷いの方へ

過払い金簡易計算

破産・清算を決断できない方へ

基礎知識Ⅱ 倒産処理の種類

いよいよ会社は続けられない、倒産をすると決意が固まったら、その準備にとりかかります。が、倒産にもいろいろな手続があります。どれを選ぶかは、企業がおかれている状況と経営者の意思にかかってきます。

倒産処理の種類
倒産処理の手続きはさまざま

倒産手続には、裁判所を通した法的手続きと、裁判所を通さない私的手続に分けることができます。
法的手続きと私的手続はそれぞれ、会社や事業者を立ち直らせることを目的とした再建型の手続と、最終的には消滅させることを目的とした清算型の手続に分かれます。
なお、裁判所によらない方法としては任意整理があり、これは再建型としても清算型としても、どちらにも利用可能な方法です。

法人・個人を通じて最もよく利用されている手続が、任意整理と自己破産です

ワンポイントCheck! 破産、任意整理、民事再生、会社更生、どの手段を選ぶかの基準は?

今の事業を継続したいという方は民事再生や会社更生を検討されるのがよいでしょう。但し、金銭的にも時間的にも民事再生を行う余裕がない場合は、破産・清算の道を選ばれるのが賢明でしょう。また、会社破産を行う資力がない場合には、会社整理をされるのがよいと思われます。

破産・清算は、私たちにお任せください!
  • 弁護士のご紹介 みおの弁護士
  • 事務所のご案内
過払い金返還請求をまだお迷いの方へ
過払い金簡易計算

お迷いなら、まずは無料相談をお試しください

面談で
ご予約はこちらから 
電話で
0120-7867-30
チャットで
チャットを立ち上げる 
過払い金があるかどうか お調べします