会社の破産・清算手続の事例・相談ナビ

会社の破産(倒産)、清算に関する問題や疑問を大阪・京都・神戸の弁護士が一緒に考えます。

初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)初回1時間相談無料 フリーダイヤル0120-7867-30(なやむな みお)

  1. 破産・清算を決断できない方へ
  2. 破産・清算を決断した方へ
  3. 今後の生活が不安な方へ

簡単ガイド

  1. HOME
  2. 破産・清算を決断できない方へ 「倒産処理の種類」

破産・清算を決断できない方へ

基礎知識Ⅱ 倒産処理の種類

ひとくちに「会社の倒産」といってもいろいろな手続があります。このページでは,どのような方法があるかをご紹介します。

倒産処理の種類
倒産処理の手続きはさまざま

倒産手続は、①事業を清算するか,再建するかどうかと,②裁判所を通した法的手続きを用いるかどうかという観点から種類を分けることができます。
再建型の手続は,裁判所を用いて全ての債権者を巻き込んで進める方法(民事再生)と,裁判所を用いずに私的な交渉や,中小企業再生支援協議会・事業再生ADR等の裁判外の機関を用いて行う私的整理手続にわかれます。なお,私的整理のなかで債権者と協議のうえで「特定調停」という裁判所の手続きを利用することもあります。
清算型の手続は,破産手続と特別清算手続の2つにわかれます。一般的な「倒産」という言葉に近いイメージはこちらかもしれません。特別清算は,株式会社を解散したうえで清算人が処理をする方法ですが,株主の協力等の条件が整う必要があります。そのため債務超過状態で会社をたたむ場合には,破産の方法を選択することが多いです。なお,清算型の手続であっても,事業の一部だけを切り出して譲渡し,存続させるような場合もあります。

ワンポイントCheck! 破産、任意整理、民事再生、会社更生、どの手段を選ぶかの基準は?

今の事業を継続したいという方は、まずは私的整理や民事再生・会社更生を検討することになりますが,事業再建の可能性を十分に吟味しなければなりません。資金繰りやリスケジュールの可能性,債権者の協力や,スポンサーの有無等が問題になります。
結果として残念ながら,再建の途が立たず,破産・清算の道に至る場合も少なくありません。また,資金ショートが近づいている場合には,どうしても破産をメインとした選択肢に限られてしまうことが多くあります。

破産・清算は、私たちにお任せください!
  • 弁護士のご紹介 みおの弁護士
  • 事務所のご案内

中小企業の法律相談サービス